0から初心者FX入門∞テクニカル分析必勝法
FX初心者のためのFXテクニカル分析必勝法を紹介
FXを0から始めるFX初心者のための外国為替情報サイトです。
テクニカル分析を研究しています。
最新の為替情報を確認してみよう⇒人気blogランキング



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
⇒人気blogランキング
こちらの記事があなたのお役に立てましたら応援よろしくお願い致します
フラクタル 自己相似性 0から初心者FX入門∞誰も教えない為替情報
フラクタル
自己相似性 

年初めの株価の変動パターンは、今年の株価の動きの縮小版という株価テクニカル分析がある。

これはIBMの研究所にいたマンデルブロ博士が導入したフラクタルという数学の一つの部門の応用例です。マンデルブロの法則

例えば

一つの通貨のチャートをみていくと、過去に似たような
動きをしていることがある。

あるいは、他の通貨の過去と似た動きをしている場合がある

チャートを波だとすると、
波の中にまた同じ形の波があったりする

月足⇒週足⇒日足⇒四時間足⇒一時間足⇒15分足⇒5分足

FXでチャートが細かく見れるようになっているのはこの理論を適用したものでしょう

どれが適した時間足なのかはあなたのトレードスタイルによって違う。
細かい(5分足)を見れば常勝につながるわけではない

一つ一つの時間足での資産管理トレードルールの確立が必要です
特に始めのうちは大局を見極める目を養うこと

黄金率を突き詰めていけば
すべての時間足上で共通の、最適な売買ポイントがある可能性は否定できない。


自然界の現象に限らず、
金利の変動など社会的な現象にもこのフラクタルが観察されていますし
人間の血管の分岐構造や腸の内壁などもフラクタルと言われています



⇒人気blogランキング
こちらの記事があなたのお役に立てましたら応援よろしくお願い致します
関連記事
スポンサーサイト
グランビルの法則 0から初心者FX入門∞誰も教えない為替情報
グランビルの法則
0から初心者FX入門∞誰も教えない為替情報


グランビルの法則は、
移動平均線と価格の位置関係に注目したもので、
売・買のシグナルをそれぞれ4つのパターンにまとめています。


買の法則
1.
移動平均線が下降を続けた後に、
横ばい、もしくは上向きかけている状態で、価格が移動平均線を上回った時。



2.
移動平均線が上昇している時に、価格が移動平均線を下回った場合。



3.
価格が上昇基調の移動平均線の上にあり、移動平均線に向って下降してきたが、
移動平均線を割り込むことなく再度上昇に転じた場合。



4.
価格が下降しつつある移動平均線から、
相場が大きくかけ離れて下落した場合(短期的自律反発)。



売の法則(買と逆なだけなので各自確認してみましょう)

1.
移動平均線が長期上昇の後で横ばい、もしくは下降を開始した状態で、
価格が移動平均線を下回った時。
2.
移動平均線が下降している時に、価格が移動平均線を上回った時。
3.
価格が下降基調の移動平均線の下にあり、移動平均線に向って上昇してきたが、移動平均線を通り抜けることなく再度下降に転じた場合。
4.
価格が上昇しつつある移動平均線から、
相場が大きくかけ離れて上昇した場合(短期的修正)。


誰もが知っているシンプルな手段だけに盲点になっている。
基礎はとても大事。原理原則をしっかりと理解しましょう


移動平均線の種類
単純移動平均(SMA)
修正移動平均(RMA)
加重移動平均(WMA)
指数平滑移動平均(EMA)




⇒人気blogランキング
こちらの記事があなたのお役に立てましたら応援よろしくお願い致します
関連記事
ダウ理論 0から初心者FX入門∞誰も教えない為替情報
0から初心者FX入門∞誰も教えない為替情報
テクニカル分析入門
ダウ理論

ダウ理論はあらゆるテクニカル分析の元になった考え方です


1.平均はすべての事象を織り込む

需要と供給に影響を与える全ての要因は、市場に反映されます。
地震やその他の災害などの
予測できない事態でさえ
すぐに価格に織り込まれていきます




2.トレンドには3種類ある

ダウの定義によると、
連続する高値、安値のそれぞれが
その前の高値、安値より上である限り、
上昇トレンドが存在するとされています。
下降トレンドはその逆になります。

これがトレンドの基本的な定義であり、
すべてのトレンド解析の基本となります

投資家にとって最重要なのはマーケットの方向性です

3.主要トレンドは3段階からなる

主要トレンドは通常3つの段階からなっています。

最初の段階は、
悪材料はマーケットにすでに織り込まれたと考える
先行型の投資家による買い集めの段階です。

第2段階は、
値段が急騰しトレンド・フォロアーの多数が
市場に参加し始める段階です。

第3段階は、
新聞の記事がしだいに強気に傾き、
思惑的な出来高が増え始めます。
また、一般投資家の参加が増えることも特徴とされます。

この最終段階では、
底値圏で誰も買い手がいない時に買い始めた投資家が、
誰も売っていないうちに利食いを始める時期でもあります。


4.平均は相互に確認されなければならない

5.トレンドは出来高でも確認されなければならない

6.トレンドの転換は明白なシグナルが出るまで継続する
この法則は、
現在利用されている多くのトレンドフォロー型手法の基礎となるものです。

通常、確率的にはトレンドは継続すると考えられています

一つ一つについて、覚えておいて損はしないしとても重要な理論です
自分なりの常勝手法を作るためにはトレンドは理解すること



⇒人気blogランキング
こちらの記事があなたのお役に立てましたら応援よろしくお願い致します
関連記事
投資プラン 0から初心者FX入門∞誰も教えない為替情報
0から初心者FX入門∞誰も教えない為替情報

あなたには投資プランがありますか?

長期取引、中期取引、短期取引

スワップを目的の長期取引の方が、

急激な乱高下で、あわてて損切りしたなんて良く聞く話です。

長期で取引するはずがデイトレード(短期取引)をしてしまったり

投資プランのない取引していませんか?

改善するためにどうしたらよいのでしょうか?
【続きを読む】 ⇒人気blogランキング
こちらの記事があなたのお役に立てましたら応援よろしくお願い致します
関連記事
copyright © 2005 0から初心者FX入門∞テクニカル分析必勝法 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。