0から初心者FX入門∞テクニカル分析必勝法
FX初心者のためのFXテクニカル分析必勝法を紹介
FXを0から始めるFX初心者のための外国為替情報サイトです。
テクニカル分析を研究しています。
最新の為替情報を確認してみよう⇒人気blogランキング



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
⇒人気blogランキング
こちらの記事があなたのお役に立てましたら応援よろしくお願い致します
フラクタル 自己相似性 0から初心者FX入門∞誰も教えない為替情報
フラクタル
自己相似性 

年初めの株価の変動パターンは、今年の株価の動きの縮小版という株価テクニカル分析がある。

これはIBMの研究所にいたマンデルブロ博士が導入したフラクタルという数学の一つの部門の応用例です。マンデルブロの法則

例えば

一つの通貨のチャートをみていくと、過去に似たような
動きをしていることがある。

あるいは、他の通貨の過去と似た動きをしている場合がある

チャートを波だとすると、
波の中にまた同じ形の波があったりする

月足⇒週足⇒日足⇒四時間足⇒一時間足⇒15分足⇒5分足

FXでチャートが細かく見れるようになっているのはこの理論を適用したものでしょう

どれが適した時間足なのかはあなたのトレードスタイルによって違う。
細かい(5分足)を見れば常勝につながるわけではない

一つ一つの時間足での資産管理トレードルールの確立が必要です
特に始めのうちは大局を見極める目を養うこと

黄金率を突き詰めていけば
すべての時間足上で共通の、最適な売買ポイントがある可能性は否定できない。


自然界の現象に限らず、
金利の変動など社会的な現象にもこのフラクタルが観察されていますし
人間の血管の分岐構造や腸の内壁などもフラクタルと言われています



関連記事
スポンサーサイト
⇒人気blogランキング
こちらの記事があなたのお役に立てましたら応援よろしくお願い致します
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 0から初心者FX入門∞テクニカル分析必勝法 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。