0から初心者FX入門∞テクニカル分析必勝法
FX初心者のためのFXテクニカル分析必勝法を紹介
FXを0から始めるFX初心者のための外国為替情報サイトです。
テクニカル分析を研究しています。
最新の為替情報を確認してみよう⇒人気blogランキング



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
⇒人気blogランキング
こちらの記事があなたのお役に立てましたら応援よろしくお願い致します
外国為替の税金2 0から初心者FX入門★誰も教えない為替情報
0から初心者FX入門★誰も教えない為替情報
外国為替証拠金取引の税金について、前回の続きです。

取引によって儲けが発生!(+20万円を超えた場合)

すべて雑所得扱い総合課税になります。

雑所得?総合課税?

雑所得とは
⇒人気blogランキング
こちらの記事があなたのお役に立てましたら応援よろしくお願い致します
雑所得ってなんですか?

副収入として受取る原稿料
印税
講演料
友人への貸付金の利子
学校債、組合債などの利子
特許権の使用料
税金の還付加算金
契約者本人が保険会社から受取る個人年金
厚生年金
国民年金
適格退職年金等(公的年金等)
などなどですが、それぞれ計算方法が違います

注意点としては
1 雑所得は他の所得と損益通算ができません。

例 株で損失を出しても、それは譲渡所得になるため、証拠金取引の利益と相殺するといったようなことはできないそうです。

2 雑所得は総合課税の対象になるため、損失の繰延べができません。

例 昨年に大損していても、今年利益があれば課税されます。逆に、今年大損していても、昨年に払った税金は戻ってきません。(株とは違う)

3 雑所得は同じ年の雑所得であれば、全て通算します。
例 為替会社二社と取引がある場合でも
  為替会社A100万の利益?為替会社Bで70万の損失=差引30万 が雑所得になります。

雑所得=収入金額?必要経費

これが、20万円を超えた場合に申告の義務発生。

次回に続く
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 0から初心者FX入門∞テクニカル分析必勝法 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。