0から初心者FX入門∞テクニカル分析必勝法
FX初心者のためのFXテクニカル分析必勝法を紹介
FXを0から始めるFX初心者のための外国為替情報サイトです。
テクニカル分析を研究しています。
最新の為替情報を確認してみよう⇒人気blogランキング



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
⇒人気blogランキング
こちらの記事があなたのお役に立てましたら応援よろしくお願い致します
経済英語
1月の失業率は7.6%に上昇した
The unemployment rate rose to 7.6 percent in January

前月は7.2%だった。
from 7.2 percent the previous month,

米企業は59万8,000人の雇用を削減した
and U.S. companies eliminated 598,000 jobs,

1974年12月以来の最大の月間削減となった。
the biggest monthly decline since December 1974,

昨日(金曜日)労働省が発表した。
the Labor Department said yesterday.

同省は2月5日には、


先週の失業保険申請件数が62万6,000件となり、
Initial claims for unemployment benefits increased to 626,000 last week,

26年ぶりの高水準になったと発表していた。

以下から学習のために参考しました↓とてもためになります

経済、相場英語の解説を「生き残りのディーリング」の著者が解説
電子メールマガジン:「毎日、数行!マーケット情報で学ぶ経済英語」
日々のアメリカ市場のニュースを通じて、英語と相場を学びましょう
マガジンID:まぐまぐ:0000142830
Home Page :http://www.geocities.com/dealers_web/eigo
★登録はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000142830.htm

⇒人気blogランキング
こちらの記事があなたのお役に立てましたら応援よろしくお願い致します
関連記事
プロスペクト理論
プロスペクト理論

人気ブログランキング第8位の為替鬼さんのブログでも取り上げられているプロスペクト理論について考えてみよう♪

プロスペクト理論は、たとえばファイナンス(投資)の意思決定をする際に、
人々がリスクを伴う選択肢間で、どのように意思決定をするのかを示した理論です

個人が損失と利得をどのように評価するのかを、経験的事実から出発して記述する理論

例えば、以下の二つの質問について考えてみよう。

質問1:あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が提示されたものとする。

選択肢A:100万円が無条件で手に入る。
選択肢B:コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。

質問2:あなたは100万円の負債を抱えているものとする。そのとき、同様に以下の二つの選択肢が提示されたものとする。

選択肢A:そのまま100万円を支払う。
選択肢B:コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら、支払額が200万円に増額される。


質問1は、どちらの選択肢も手に入る金額の期待値は100万円と同額である。
にもかかわらず、一般的には、堅実性の高い「選択肢A」を選ぶ人の方が圧倒的に多いとされている。

質問2も両者の期待値は-100万円と同額である。
安易に考えれば、質問1で「選択肢A」を選んだ人ならば、質問2でも堅実的な「選択肢A」を選ぶだろうと推測される。
しかし、質問1で「選択肢A」を選んだほぼすべての者が、質問2ではギャンブル性の高い「選択肢B」を選ぶことが実証されている。


この一連の結果が意味することは、
人間は目の前に利益があると、利益が手に入らないというリスクの回避を優先し、損失を目の前にすると、損失そのものを回避しようとする傾向があるということである。

質問1の場合は、50%の確率で何も手に入らないというリスクを回避し、100%の確率で確実に100万円を手に入れようとしていると考えられる。

また、質問2の場合は、100%の確率で確実に100万円を支払うという損失を回避し、50%の確率で支払いを免除されようとしていると考えられる。

プロスペクト理論とは、このような心理的傾向を考慮した意思決定論などを指す


⇒人気blogランキング
こちらの記事があなたのお役に立てましたら応援よろしくお願い致します
関連記事
0から初心者FX入門∞テクニカル分析必勝法
0から初心者FX入門∞テクニカル分析必勝法

米非農業部門雇用者数は2003年3月以来、5年半ぶりの大幅減となりました

ISM非製造業景況指数は事前予想を上回るなど辛うじて判断の分かれ目となる50割れは回避された
ましたが

構成項目である雇用指数は44.2(前回 45.4)と今年5月から5ヶ月連続の50割れとり、米労働市場の低迷継続が改めて確認されています

これは米ドルにとっては明らかにネガティブ材料。

米金融安定化法案へと市場の焦点が完全に移行すると、同法案可決への期待感からNYダウは堅調にスタート。米大手銀ウェルズファーゴによる同業ワコビア買収との報も好感された。

ただ、可決されると、一時300ドル高超となっていたNYダウは材料出尽くし感から利食い売りに押され一転してマイナス圏突入。

長期テクニカル  トレンドは下向き
中期テクニカル  トレンドは下向き
短期テクニカル  トレンドは横ばい

といったところでしょうか。

来週からの動きに注目ですね^^  
⇒人気blogランキング
こちらの記事があなたのお役に立てましたら応援よろしくお願い致します
関連記事
copyright © 2005 0から初心者FX入門∞テクニカル分析必勝法 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。